君の筋トレは正しく行われているかい?このサイトはあなたの筋トレをサポートするサイトです。これを見れば正しく筋トレを行える!

【マネ筋】あなたの筋トレをマネジメントするサイト

ジムで肩を鍛えよう!肩の筋トレはジムで高負荷なトレーニングを!

投稿日:2017年3月13日 更新日:

諸君、吾輩だ!
早速だが、君たちに一つ問いたい。諸君は肩の筋トレを行っているかね?肩を鍛えていくこと。それは、たくましい肉体をさらに輝かせていく、逆三角形の体型に近づくために必要な場所だ。

いくら胸板が厚く腹筋が割れていても、寸胴の体型になってしまい、諸君の魅力が半減してしまうぞ。そんなのは嫌ではないかね?ならば肩の筋トレをしっかり行っていく必要があるよな。

今回は、ジムに向かい肩の筋トレ方法についてみていこうではないか。諸君よ、肩の筋トレをしてさらに魅力な肉体になっていこうではないか!

ジムに行く前に肩の筋肉について覚えておこう

早速ジムに足を運ぼうとしたもの、ちょっと待て。筋トレでしっかり刺激を与えていくためにも、目的である肩の筋肉について知っていこうじゃないか。

筋トレの大きな重要ポイントとして、鍛えたい筋肉の知識を蓄えておくことは、もはや鉄板だぞ。しっかり覚えてからトレーニングに入っていこう。

一番大きな筋肉「三角筋」

肩を形成する筋肉の中で、一番大きな筋肉が三角筋だ。三角筋は肩の一番表層にある筋肉で、簡単に説明すると肩パットのように、骨を覆っている筋肉になるぞ。

この筋肉を鍛えておくことで、ボディビル界では有名な「メロン肩」と呼ばれる、盛り上がった肩を作り出してくれるのだ!鍛えておいて損はないぞ!

パンチ筋!?大円筋

この筋肉は、ボクシングなどの格闘技をしている者なら、一度は耳にしたことがあるだろう。大円筋は、パンチを放った腕を素早く引き戻す動きに大きく貢献しているぞ。日常動作でも、ものを引っ張る動きに貢献し、広背筋の補助をするように動いているのだ。

ローテーターカフ

この筋肉は、肩の深部に存在する、いわゆるインナーマッスルの一つで、4つの筋肉から構成されているぞ。

この筋肉は、筋肥大を狙うどころか、ピンポイントに鍛えていくことはできないが、鍛えておくことで、肩を支点として腕を回す動きをスムーズに行っていくことが出来るぞ。

押さえておきたい4つのポイントとは

さて、諸君。
筋肉の知識を蓄えたところで、早速ジムに足を運んでいることだろう。しかし、トレーニングをただ漠然と行ってしまうことがないように、これから吾輩が教える4つのポイントを押さえてトレーニングしていこうではないか。

ジムでの筋トレはこれをしっかり押さえておくことで、充分な効果を期待することが出来るぞ。早速見ていこう!

ウォームアップは充分に

なぜ?なんて思う者も、そんなのいらない!なんて思う若者もいると思うが、トレーニングを行う前にウォームアップは最重要項目だ。ジムに向かってすぐに筋トレマシンに足を向けてはいけないぞ。

筋トレを行う前にウォームアップをしておくことで、体が温まり体内では筋トレの準備として、体の中で行われる化学反応が活性化するのだ。また、同時に血流がよくなり、代謝量が上がる。これにより、さらに筋肉が消費するエネルギー量を増やしていくことが出来るのだ。

理想は10分程度の有酸素運動。つまりエアロバイクに10分またがってからマシンに向かっていくといいぞ。

化学反応が活性化するって何?

言ってしまえば、筋トレ効果を最大限にすることが出来るのだ。筋肉は、体内にあるたんぱく質やアミノ酸などが変化して、成長していく物。この変化を効率的に行うために活性化は必要なのだ。

クールダウンはとても重要!

筋トレをして、よし終了!なんて思って帰ろうとしている諸君!ノーマッスルだぞ。筋トレにもクールダウンは必要だ。疲労物質が流れてしまうと、疲労回復効果が遅くなり、その後の筋トレにも悪影響だ。

筋トレ終了後は、しっかりと血液を流して疲労を残さないようにしよう。オススメは軽い負荷の有酸素運動10分と、鍛えた部位のストレッチだ。忘れないように!

トレーニングは正しいフォームで行うこと

これは、初心者から中級者が一番注意していかなければいけないことだぞ!間違ったフォームでは、ほかの筋肉に負荷を流してしまい。筋トレ自体の効率が落ちてしまう。

諸君は腕立て伏せを行った時に、なぜか鍛えたい筋肉とは別の筋肉が痛くなったことはないか?つまり、そういうことだ。筋トレを行うときは、それぞれの動きを正しいフォームで鍛えていく必要があるのだ。

フォームを間違えるとケガの元だぞ!

間違ったフォームは、別な筋肉に刺激が逃げるだけではなく、ケガの原因も作り出してしまう厄介な物だ。ケガのリスクを避けていくためにも、正しいフォームを体に叩き込んでくれ。

まんべんなく鍛えていこう

肩の筋トレの種類として、“ショルダー”とついた筋トレ方法も多数存在する。しかし、肩の筋肉は動きによって、3つに分けて考えていく必要があるのだ。ショルダーとついているからといって、何も考えずに筋トレしてはいけないぞ。

そんな肩の筋肉は「前部・外部・後部」の3つに分けて、それぞれを中心に鍛えるトレーニングをしていこう。

三角筋は要注意だ!

特に3つに分ける必要があるのが、三角筋だ。三角筋はまんべんなく鍛えていかないと、アンバランスな筋肉になり、前から見たら格好いいが、横から見たら張りぼてのように薄い印象を与えかねないぞ。

メロン肩を目指すなら、三角筋は特に注意して鍛えていこう!

筋肉の楽園!ジムで大きな刺激を与えていこう!

ジム、それは筋トレをする者にとっては楽園であり聖域。ここで筋トレをしていくことで、筋肥大をしっかりと狙っていくことが出来る。自宅での筋トレがかすむほどの負荷をかけていこうではないか。

ダンベルトレーニングの種類

安価で購入することが出来るダンベルだが、高重量のダンベルの購入を考えると、どうしても高価になってしまいがちだ。ならば、ジムでトレーニングしようではないか!

しかし、肩は痛めやすい場所。最初は軽い重量でトレーニングしていこう。そんな、ダンベルトレーニングの種類はかなりあるぞ。下を見てトレーニングの参考にしていってくれ。

  • ダンベルショルダープレス
  • ダンベルサイドレイズ
  • ダンベルフロントレイズ
  • ダンベルリアレイズ
  • ダンベルアーノルドプレス
  • ダンベルアップライトローイング
  • ダンベルシュラッグ
  • ダンベルスナッチ
  • ダンベルベントオーバーラテラルレイズ

ダンベルのおすすめポイント

ダンベルトレーニングの特徴は、なんといってもバリエーションが豊富なことと、可動域の広さだろう。この特徴は、様々な角度から肩を鍛えていくことが出来るのだ。

バーベルトレーニングの種類

高重量でのトレーニング。これこそバーベルの醍醐味であり、魅力だ。高重量のトレーニングは、筋肉にかなりの刺激を与え、筋肥大を最短距離で狙っていくことが出来るぞ。

そんなバーベルトレーニングは以下の方法があるぞ。

  • バーベルフロントプレス
  • バーベルバックプレス
  • バーベルフロントレイズ
  • バーベルアップライトローイング
  • バーベルショルダープレス
  • バーベルベントオーバーフロントプルアップ

バーベルのおすすめポイント

高負荷のトレーニングになるが、フォームを安定させてトレーニングしていくことが出来るぞ。ダンベルでは、高重要になるとどうしてもフォームが崩れやすいからな。

ダンベルではできないトレーニングで、しっかりと刺激を与えていけ!

ジムマシンの種類

筋肉の聖域、ジムの中で唯一購入が難しい物。それがジムマシンだ。ジムマシンのメリットはなんといっても、負荷をワンタッチで変えていくことが出来ることと、基本フォームを体に叩き込みやすい点だ。これはバーベルよりも優れているぞ。

ジムマシンは種類が少ない物の、しっかりと効果を上げるためには使っていくべき有能マシンだ。覚えておこう。

そんなジムマシンで肩を鍛える物は、以下になるぞ!

  • ショルダープレス
  • ケーブルマシン

ジムマシンのおすすめポイント

正しいフォームを覚えやすい、負荷をワンタッチで変えることが出来る。これによりスムーズに負荷を変えてトレーニングできるだけではなく、女性にもお勧めできるトレーニングが可能になってくるぞ。

しかし、ケーブルは自由度が高い器具だが、負荷を上げすぎるとフォームが崩れやすい。覚えておこう。

まとめ

筋肉の聖域、ジム。
ここで鍛えていくことは、筋肥大を求める諸君にとって必然だ。しかし、この聖域ですら、なかなか鍛えられることがない「肩」の筋肉。諸君の肉体をさらに輝く物にしていくためにも、肩の筋トレは重要だぞ。

胸や腹筋を鍛える前に、肩の筋トレから取り組んではいかないかね?肩は君たちの腕の動きを行いやすくし、さらに筋肉を稼働していくことが可能になってくることだろう。

しっかり鍛えて、逆三角形の体型を目指していこうではないか。諸君の成長を祈っているぞ!頑張ってくれ!

筋肉に栄養を与えるならサプリがオススメだ!

 

筋肉に栄養を与えるならサプリがオススメだ!

 

諸君の生活を維持するために栄養を欲するように、筋肉にも栄養を与えていくことで、成長を促していくことが必要だ。

吾輩はこのサプリを使って、筋肉に栄養を与えているぞ。試しに使ってみないかね?

>>オススメのサプリはここから見ていこう<<

-

Copyright© 【マネ筋】あなたの筋トレをマネジメントするサイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.