君の筋トレは正しく行われているかい?このサイトはあなたの筋トレをサポートするサイトです。これを見れば正しく筋トレを行える!

【マネ筋】あなたの筋トレをマネジメントするサイト

大胸筋を鍛えるために必要なダンベルの重さは?自分に合った重量を見つけ出せ!

投稿日:2017年3月7日 更新日:

ダンベルの購入を考えている諸君、吾輩だ!君たちが筋トレを決意する理由、それは「筋肉を大きくして、スタイルをよくしていきたい」ではなかっただろうか。

筋肉は、諸君が生まれながらにして持つファッションの一つ。ボディメイクをして、周囲を魅了する肉体になりたくはないかね?

しかし、ダンベルを購入する者にとっての最大の悩み。それは「自分に合った重量のダンベルがわからない」ことだと、吾輩は思う。自分に合った重量を購入しないと、すぐに不満を感じてトレーニングを怠ってしまうはずだ。

そこで今回は、大胸筋を鍛えるうえで必要な、ダンベルの重さについて考えていこうと思う。自分に合ったダンベルを見つけていこうではないか。

実際に購入することができる重量を知っておこう

最近、巷でブームになった「筋トレダイエット」のおかげもあってか、今や購入できるダンベルの種類も重量も様々。特に重量は、大まかに分けて3つに分けて購入することが可能だ。早速見てみようではないか。

購入するなら可変式のダンベルを購入せよ!

重量を見ていく前に、吾輩がオススメするダンベルを紹介しよう。吾輩がオススメするのは、固定重量のダンベルではなく、気軽に重量を変更できる「可変式」のダンベルだ。

固定重量だと重量を変更できないので、すぐに不満を感じやすいぞ。買うなら可変式のダンベルを買っておくべきだな。

20kg(10kg×2個)セット

可変式ダンベルの中で、最も安く購入することができるのが、20kgセットだ。安いので、諸君が手を出しやすいのだが、男性諸君はすぐに負荷不足になってしまいがちだぞ。

40kg(20kg×2個)セット

本格に筋トレを考えているのなら、この40kgセットの購入を考えてはどうだろうか。このくらいの重量があると、重量の変更が幅広く行うことできるため、負荷も程よく与えていき、筋肥大を効率よく狙っていくことが可能だ。

60kg(30kg×2個)セット

この重量までくると、ダンベルのみで筋肥大を求めていく人向けになってくるぞ。最終的に全てのプレートを扱うことが出来るようになるのは、数か月後になると思うので、自宅でじっくり筋トレを行っていく人向けだ。

初心者はどの重量を購入するといいのか

これから自宅でのトレーニングを行っていくならば、40kgセットを購入して行っていくことをオススメするぞ。

20kgセットでは、負荷不足になる時期が早すぎるし、60kgだと多すぎる。プレートを買い、増やしていくことも可能なので、まずは40kgを購入してスタートしていくことがスタンダードになってくるぞ。

しかし、目指す肉体は様々。
吾輩の話を鵜吞みにせず、自分に合った重量をしっかり考えて購入していこう。

筋肥大を狙っていくためにも覚えてほしいことがある!

自分に合った重量を見つけ、いざ筋トレを!なんて思った諸君、ちょっと待ってほしい。重量だけでは、効率よく鍛えていくことは難しいぞ。

筋トレにおいて必要なものは重量のほかにもたくさんある。その中でもおさえてほしいことをこれから説明していこう。足を止めて、耳を傾けてくれ。

RM法

RMは略語で、正しく言うと「Repetition Maximum」。直訳すると「最大反復回数」という意味だ。簡単に説明すると、「5回はできるが、それ以上は出来ない回数」となるわけだ。トレーニングにおいて、この考えは基本になってくるぞ。

よく言われる、「重量×回数×セット数」というのは間違いだ。「RM×セット数」と覚えておこう。

基本的なトレーニングの流れとは

筋トレには、効率よく鍛えていく流れというものが存在する。これをしっかりと押さえておくことで、毎日短い時間でもしっかりとトレーニングしていくことが可能なのだ。

だがしかし、難しく考える必要もない。たった2つのことに注意してくれればいいだけだぞ。

大きい筋肉から小さい筋肉へ

トレーニングを効率よく進めていくためには、大きい筋肉から先に鍛えていくことがオススメだ。小さい筋肉は大きな筋肉を補助する動きをしているので、無意識に刺激を与えているぞ。

コンパウンド種目からアイソレーション種目へ

複数の筋肉や関節を使い、複数の筋肉に刺激を与えるコンパウンド種目から、一つの関節を使い、一つの筋肉をピンポイントに刺激を与えるアイソレーション種目を行うことを推奨する。

筋肉というのは、全体に刺激を与えてから的を絞ってトレーニングしていくほうが、効率がよく定番だ。忘れないでおこう。

インターバルや休養を決めておこう

筋トレを行い、筋肥大を狙っていくのなら休憩・休養は必須!特にインターバルや休養はとても重要なものとなる。下を見てメニューの合間を考えておこう。

インターバル

筋トレのセット間の休憩は大体1~3分を目安にしておこう。3分を超えてしまうと逆に効率が悪くなってしまうぞ。

休養

筋肥大を狙って言うなら、覚えてほしい「超回復」。
これは、筋肉には48~72時間の休養をしていくことで、効率よく筋肥大を狙うというもの。充分な休養は次の筋トレを、さらに効率よく行うための必須項目だ。毎日続けてもあまり意味がないことを覚えておこう。

自分に合った重量を考えてみよう

必要な重量と言っても、諸君一人一人に合った重量をこと細やかに説明していくことは困難を極める。そのため、基準となる重量をまずは行ってみることをオススメするぞ。

吾輩の教えを参考に、自分に合った重量を見つけていこうではないか。

自分が何を得ていきたいのかを考えよう

まずは、諸君が「何を得る」ことを目的として筋トレをしていくのかを、もう一度考え直していこう。それによって自分に必要な重量はおのずと見えてくるからな。

最大筋力を上げるなら

今の筋肉のまま、出せる力を大きくする最大筋力を上げていくなら、回数が1~5回で限界が来る重量でのトレーニングを行っていく必要があるぞ。

筋肥大を目指していくなら

筋肉が大きくなり、見た目の効果も表れる筋肥大を狙うなら、回数が6~12回で限界が来る重量が最も理想的だ。覚えておこう。

筋持久力を上げていくなら

長時間筋力を持続させていく、スポーツタイプの筋肉を目指していくなら、回数が13回を超える重量で行っていくといいぞ。持久力が求められるスポーツをしているならオススメだ。

まずは自分の限界重量をチェックだ!

自分の重量を見ていくためには、まず自分が持てる限界の重量を見ていく必要がある。しかし、ダンベルを使ったトレーニングの中で、限界重量はそれぞれ分かれてしまうぞ。

まずは、自分が行っているトレーニングで、1回しかできない重量を見つけていこうではないか。それが限界重量の基準となるぞ。

筋肥大を狙うために必要な重量とは

諸君が目標とする肉体のために行っていく必要があるのは「筋肥大」だよな。

先ほど、6~12回で限界が来る重量が、筋肥大を狙うために必要な重量と話したが、具体的な数字を知りたくはないかね?そこで、具体例を見ていこうと思う。

【限界重量を10kgとする場合】

片手で持てるダンベルの限界重量が20kgの場合、6~12回で出来る重量とは大体6~8割の重量となる。つまり、必要になってくる重量は12~16kgが目安になってくるぞ。しかし、そこまで細かく設定することは難しいので、10~15kgでのトレーニングを行っていこう。

40kgを扱えるようになったらジムに行くことをオススメするぞ!

自分で扱えるダンベルの重量が、40kgを超えそうなときは、ジムでのトレーニングを考えてみてくれ。筋トレにおいて重要なのは、いかに筋肉に強い刺激を与えていくかということだ。

ダンベルでの筋トレに負荷不足を感じたら、ジムに行きバーベルやマシンを使ったトレーニングを行っていくことをオススメするぞ。

まとめ

ダンベルの購入を考えている諸君。
いかがだったかね?諸君にあった重量でのトレーニングは、美しい肉体美を目指す君たちにとって必然的な行動だ。じっくり己の筋肉に問いかける必要があるのだ。

また、重量だけでは筋トレを効率に行っていくことは難しいぞ。RM法をしっかりおさえてトレーニングしていこうではないか。

諸君の肉体が、ダイヤの原石のように磨き上げ、輝く宝石のようになっていくことを、吾輩は祈っているぞ。是非頑張っていってくれ!

筋肉に栄養を与えるならサプリがオススメだ!

 

筋肉に栄養を与えるならサプリがオススメだ!

 

諸君の生活を維持するために栄養を欲するように、筋肉にも栄養を与えていくことで、成長を促していくことが必要だ。

吾輩はこのサプリを使って、筋肉に栄養を与えているぞ。試しに使ってみないかね?

>>オススメのサプリはここから見ていこう<<

-



Copyright© 【マネ筋】あなたの筋トレをマネジメントするサイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.