君の筋トレは正しく行われているかい?このサイトはあなたの筋トレをサポートするサイトです。これを見れば正しく筋トレを行える!

【マネ筋】あなたの筋トレをマネジメントするサイト

胸の筋トレ効果は厚くなるだけではない!驚きの効果とは

投稿日:2017年2月27日 更新日:

諸君、吾輩だ!突然だが質問だ。
君たちの体は今、どのような体型かね?己の体型に不満を感じているなら、是非筋トレをオススメするぞ!イケメンや美女と比べても、顔のつくりでは負けてしまうかも知れんが、筋肉はみな平等に存在している。

いくら顔がよくても、貧相な体だと魅力が半減してしまうものだ。そんなイケメンや美女に差をつけていくなら、筋肉を鍛えていくことが重要になってくるぞ。

今回は、諸君に胸を鍛えて受けることができる、効果について説明していこう。異性にモテる体になりたくはないかね。早速効果を見ていこう。

胸を鍛える5つの効果とは

諸君!胸を鍛えていくとどんな効果を得ることができるのか、きちんと考えたことはあるだろうか。胸を鍛えていくことで、5つの効果が諸君に表れてくるのだぞ。

効果を知って、鍛える意欲を増大させていこうではないか!

もちろん厚い胸板を手に入れることができるぞ!

鍛えた男にとって魅力的な部分、それが厚い胸板だろう。鍛え上げられた胸板を見せつけるだけで、女性のハートは鷲掴みだ。筋肉を嫌う女子などいないと思って筋トレしていこうではないか。

スーツを格好良く着こなしていける

胸の筋肉が発達していると、着こなしが無意識にうまくなってくるぞ。彫刻の様な厚い胸板は、Tシャツ1枚でも立派なファッションに早変わりだ。

筋肉はファッション。そう覚えておこう。

アピール度がケタ違い

たくましい胸板を嫌うものなどいない。これが吾輩の持論だ。周囲が「筋肉すごいね」なんて言ってくるのは、胸の筋肉の発達具合を見ていることが多いぞ。

初対面の女性ですら、たくましい筋肉を見ると触りたくなってしまう。だからと言って、ボディタッチをされて浮かれてはいかんぞ。

筋肥大の効果が早い

筋肥大とは、筋肉が成長し大きくなることをいう。胸の筋肉は、大きいだけではなく皮下脂肪があまりない場所。そして、成長しやすい筋肉なのだ。

見た目の効果を早く手に入れたいのであれば、胸の筋肉は優先的にやっていってもいいだろう。しかし、ほかの筋肉も一緒に鍛えていかないと、筋肉のバランスが悪くなってしまうので注意していこう。

代謝アップで痩せやすい体に!

大きい筋肉というのは、存在しているだけで、常にエネルギーを消費している。筋トレダイエットを行うなら、大きい筋肉から攻めていくことはもはやセロリーだ。

基礎代謝が上がると、自然と痩せやすくなるぞ。覚えておこう。

バストアップに効果的

これは女性にうれしい効果だな。
胸を鍛えていくことで、胸を上方に押し上げてくれるぞ。胸は、骨→胸の筋肉→脂肪という順番で構築されている。基礎である胸の筋肉を鍛えていくことで、土台からなかなか倒れない脂肪の完成だぞ。女性も胸を鍛えていくべきなのだ。

胸の筋肉とは

諸君。
胸を鍛えていきたくなったかね?だからと言って、すぐにトレーニングに移ってはいけないぞ。向かった足を止めてくれ。

筋トレにおいて必要な極意。
それは「鍛えていきたい筋肉を意識する」ことだ。知っているのと知らないとじゃ、効率はかなり変わってくるぞ。

胸の筋肉の知識を付けて、トレーニングしていこうではないか。

大胸筋

胸の筋肉と言ったら、大胸筋を一番に想像してしまうよな。そんな大胸筋は、胸全体を覆っている筋肉だ。肩から広がっている扇子を想像するといいぞ。

そんな大胸筋は、4つに分けていくと効率よく筋トレをすることができるぞ。

それぞれ「外側・内側・上部・下部」と後につけて、覚えていこう。

小胸筋

小胸筋は、大胸筋のすぐ近くにある筋肉。この筋肉はスポーツする者や、女性にはうれしい効果が盛りだくさんだ。覚えておいて損はないからな。大胸筋と同時に鍛えていくと、バストアップに貢献してくれるぞ。しっかり意識してトレーニングしていこう。

前鋸筋

別名「パンチ筋」とも呼ばれるこの筋肉は、主に素早いパンチを打ち出すときに、大きく貢献している筋肉だ。深呼吸をする時にも必要な筋肉になってくるので、ボクシングをしている者以外にも必要になってくるぞ。鍛えなくてもよい筋肉などない。忘れないでくれ。

胸の動作について

そんな胸の筋肉にも、それぞれ重要な動作に関わっているぞ。筋トレを効率よく行っていくためには、鍛えていきたい筋肉の動作を取り入れることが重要になるのだ。しっかり覚えて取り入れていこうではないか。

大胸筋の動作

日常生活の中では、抱きしめるときやうつぶせに体を持ち上げるときに使っている筋肉だ。運動においては、どのスポーツにも重要な役割を担っているぞ。覚えておこう。

小胸筋の動作

日常操作の中では、足元にあるものを拾う動きを行うときに動作しているぞ。また、運動においては、乱れた呼吸を整えるときに動作していることが多いぞ。

前鋸筋

日常動作の中では、腕をより前に押し出すときに動作していることが多く、運動面ではボクシングなど、素早いパンチを打つ動作に大きく貢献しているぞ。

胸のダメな鍛え方とは

胸を鍛えていったとしても、筋肉に効いてなければうれしくないよな。胸の筋肉は鍛えやすいが、間違った筋トレ方法を行ってしまうこともある。

そこで、君たちが陥りがちなダメな胸の鍛え方を見ていこうではないか。

胸に効かせる動きの幅を素通りしている

胸筋を鍛えていくために必要な動きは、「引く」動きよりも「押す」動きだ。忘れないようにしてくれ。しかし、ベンチプレスなど、仰向けにして行うトレーニングを行っていく時は、上にあげる力よりも、おろすときに意識をするようにしてくれ。負荷が高いトレーニングをすることができるぞ。

肩を使いすぎている

フォームを少しでも間違えてしまうと、胸の筋トレというよりも、肩の筋トレになってしまう。その代表例がベンチプレスだ。

ベンチプレスは、やり方次第で胸か肩を選択できるトレーニング。肩に効いている感覚があるなら、無意識に肩を選択したフォームを覚えているかもしれんぞ。すぐにフォームを確認してくれ。

上下内外のどこを狙うのかを意識していない

大胸筋に言えることだが、大胸筋のどの場所を狙うかを意識して行っていかないと、全然効果が見られないこともある。

まずはだいたいでいいので、どの場所に語り掛けていくか意識してトレーニングしてみよう。効果がすぐに出てくるかもしれんぞ。

筋肥大目的のつもりが、持久力育成になっている

腕立て伏せがいい例だ。自分の限界回数を行うことで、胸の筋肥大を狙っている。なんて話はよくあるが、筋肥大を狙うために必要なのは「自分が出来る限界の負荷×10回~15回」で3セット行っていくことが重要になってくるぞ。

負荷が軽い×限界回数は、筋肉の持久力を上げているだけに過ぎないぞ。忘れないでくれ。

まとめ

胸を鍛えていく効果は様々。しかし、自分にとって損のない効果は全くないぞ!

是非胸の筋肉を鍛えて、たくましい胸板を作り出していこうではないか。胸板と言ってもタイプは豊富だ。とにかく分厚い胸板を目指すか、それとも徹底的に質感にこだわった硬い胸板か。諸君の趣向によって、いくらでも変えることができるのが、胸筋の素晴らしいところだと吾輩は思うぞ。

腹筋と合わせて、体の前面を鍛えていき、女性が魅力的に感じる肉体美を作り出していこうではないか。吾輩も応援しているぞ。

筋肉に栄養を与えるならサプリがオススメだ!

 

筋肉に栄養を与えるならサプリがオススメだ!

 

諸君の生活を維持するために栄養を欲するように、筋肉にも栄養を与えていくことで、成長を促していくことが必要だ。

吾輩はこのサプリを使って、筋肉に栄養を与えているぞ。試しに使ってみないかね?

>>オススメのサプリはここから見ていこう<<

-

Copyright© 【マネ筋】あなたの筋トレをマネジメントするサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.