君の筋トレは正しく行われているかい?このサイトはあなたの筋トレをサポートするサイトです。これを見れば正しく筋トレを行える!

【マネ筋】あなたの筋トレをマネジメントするサイト

背筋

脊柱起立筋の筋トレ最強の器具?チューブトレーニングの魅力に迫る!

投稿日:2017年2月27日 更新日:

諸君、吾輩だ!
筋トレ生活は順調に進んでいるかね?最近は「筋トレダイエット」と称して筋トレに励む諸君を見ていると、吾輩はうれしいぞ!

しかし、自宅でできる筋トレと言ったら、腕立て伏せや腹筋、スクワットと言った筋トレメニューしかないとは思わんかね?

そんな君たちに推奨したいのが、「チューブ」を使った筋トレ方法だ!チューブは、ダンベルよりも安く、使いやすいトレーニング器具だ。自宅で筋トレをしようと思うなら、チューブはかなりオススメだぞ。是非購入を考えてくれ。

今回は、背中の筋肉である「脊柱起立筋」のトレーニングを紹介していこう。チューブを使って、筋肉生活を刺激的なものにしていこうではないか!

まずは脊柱起立筋のすべてを知っていこう

脊柱起立筋と聞いても、あまりピンと来ないよな。この筋肉を知っておくことで、筋トレの効果をアップさせていくだけではなく、日常生活も楽に過ごしていくことが出来るぞ。しっかり勉強していこうな。

脊柱起立筋とは

脊柱起立筋とは、広背筋や僧帽筋の下に存在するインナーマッスルの1つだ。体幹を鍛えるために、無意識にこの筋肉を鍛えていることがあるぞ。

筋トレを効率的に行っていくためには、筋肉の知識を蓄えることが重要だ。しっかり覚えておこう。

脊柱起立筋の場所とは

脊柱起立筋は、背骨に沿って存在する3つの筋肉を、まとめて呼んでいるに過ぎないのだ。つまり、脊柱起立筋という筋肉自体は存在しないぞ。

脊柱起立筋を縦に3分割してみると、呼ばれるべき本来の筋肉が見えてくる。

  • 背骨から一番離れた外側の筋肉「長肋筋(ちょうろくきん)」
  • 長肋筋の次に離れている真ん中の筋肉「最長筋(さいちょうきん)」
  • 一番背骨に近い内側の筋肉「棘筋(きょくきん)」

この3つの筋肉を合わせて脊柱起立筋と呼んでいるのだ。

そんな脊柱起立筋を鍛えていくと・・・

脊柱起立筋を鍛えていくと、一筋の線が背中の中心にできる。そうすると、諸君が普段鍛えているほかの背中の筋肉、広背筋や僧帽筋をさらに強調させ、見ていて美しい肉体に変貌してくれるぞ。

脊柱起立筋は『背中のシックスパック』を作るために重要な筋肉なのだ!

脊柱起立筋を鍛えるために覚えてほしいこと

脊柱起立筋を鍛えていくために必要なこと、それは脊柱起立筋が最も動作する動きを覚えておく必要があるぞ。効率的に刺激を与えていくためにも、しっかり学んでトレーニングしていこうではないか。

脊柱起立筋に必要な動きとは

脊柱起立筋は背骨に沿って存在しているため、背骨が動くほぼすべての動作に関わっているぞ!しかし、その中でも特に関わっている動作が2つあるぞ。

  • 上半身を後ろに反らす運動
  • 上半身を前に倒す(丸める)運動

この動きに注目していこうではないか。

吾輩が伝授するトレーニングはこれだ!

筋トレに入る前に、吾輩の話に耳を傾けてほしい。これから、チューブを使ったトレーニングを紹介してくのだが、もちろん吾輩のオススメメニューも存在する。

わかりやすく『☆』の数で表示していくので、下の掲示板を参考にして、自分に合ったトレーニングメニューを組み立てていってくれ!

【吾輩のオススメ度掲示板】

【☆☆☆】・・吾輩一押しのトレーニング方法だ!ぜひ取り入れてくれ!
【☆☆】・・・トレーニングに慣れたら行っていこう。効果はあるぞ。
【☆】・・・・少し意識しにくいトレーニングだ。正しいフォームで行っていこう。

掲示板は見てくれたかな?それではトレーニングを伝授しよう!

【☆☆☆】バンザイ三唱

椅子に座りながら行っていくこのトレーニング方法は、とても簡単に行っていくことが出来る。覚えておいて損はないぞ!

やりかた

脊柱起立筋 筋トレ チューブ バンザイ三唱

  1. 椅子に座り、チューブの真ん中を足で踏む
  2. チューブの両端を持つ
  3. チューブを思いっきり引き、腕をあげ「バンザイ」のポーズになる
  4. そのまま10秒キープ
  5. ゆっくり元に戻し、3セット繰り返す

ポイント

  • 椅子に座るときは、背筋を伸ばすこと
  • チューブを引き上げるときは腕を伸ばしたまま、真上に引いていくこと

【☆☆】バンザイ三唱を応用した方法

チューブを腕の後ろに通して行っていくと、より脊柱起立筋に刺激を与えていくことが出来るぞ。覚えておこう。

【☆☆】立ってバンザイ三唱

椅子に座らず、立って行っていくことで、脊柱起立筋にしっかり刺激を与えていくことが出来るのだ。そのときは、チューブを腕の後ろに通して行っていこう。

【☆☆】チューブデッドリフト

トレーニングBIG3の一つであるデッドリフトも、脊柱起立筋に効果的なトレーニングの一つだぞ。正しいフォームは、ダンベルやバーベルで行っていく時にも使っていく。しっかり覚えてトレーニングしていこうではないか。

やりかた

脊柱起立筋 筋トレ チューブ チューブデッドリフト

  1. お尻を突き出し、上半身を前に倒す。
  2. チューブを短く持ち、中心を足で踏む。これで準備完了だ。
  3. 直立するように、チューブを引っ張っていく。腕は上げなくて結構だ。
  4. ゆっくり元に戻す。
  5. 10回を目安に3セット行っていこう。

ポイント

  • 背中を丸めないこと
  • 膝を曲げすぎないこと
  • もともと高重量で行うものなので、強度が高いチューブを選択すること。

【☆】片足チューブデッドリフト

片足で行っていくことで、脊柱起立筋だけではなく、臀部の筋肉も同時に鍛えていくことが可能だぞ。チューブを対角線上の足と手で持ち、トレーニングしていこう。

まとめ

諸君、いかがだったろうか。脊柱起立筋を鍛えていくためには、自重トレーニングも効率がいいが、チューブを使うことで、さらに刺激的なトレーニングをすることが出来るのだ。

しかもダンベルやバーベルと違い、安いだけではなく場所をとらない上に、トレーニングの種類が増え、諸君の筋肉成長に大きく貢献しているぞ。

チューブを購入して、是非脊柱起立筋を鍛えていこうではないか。吾輩も、諸君の成長を祈っているぞ!頑張っていこう!

筋肉に栄養を与えるならサプリがオススメだ!

 

筋肉に栄養を与えるならサプリがオススメだ!

 

諸君の生活を維持するために栄養を欲するように、筋肉にも栄養を与えていくことで、成長を促していくことが必要だ。

吾輩はこのサプリを使って、筋肉に栄養を与えているぞ。試しに使ってみないかね?

>>オススメのサプリはここから見ていこう<<

-背筋

Copyright© 【マネ筋】あなたの筋トレをマネジメントするサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.