君の筋トレは正しく行われているかい?このサイトはあなたの筋トレをサポートするサイトです。これを見れば正しく筋トレを行える!

【マネ筋】あなたの筋トレをマネジメントするサイト

腹筋ローラー

腹筋ローラーは毎日行うと効果的?適切な頻度を知ってトレーニングしていこう!

投稿日:2017年6月22日 更新日:

諸君、吾輩だ!
君たちは“腹筋ローラー”を一度試したことはあるだろうか。最近では、YouTuberの一人が取り上げ、その魅力を感じ始めた者も増えてきている中、この腹筋ローラーを正しく扱うことが出来ず、あきらめてしまっている者もいるはずだ。

そこで今回は、腹筋ローラーの正しい頻度について焦点を当て、君たちに紹介していこうではないか。

腹筋ローラー自体は効果の高いトレーニング器具。君たちの使い方次第で効果を変えていくためにも、吾輩の話に耳を傾けてほしい。

腹筋ローラーは毎日行うといいのか?鍛えることが出来る場所から考えていこう!

「腹筋ローラーは毎日行うといい」と、言われたことはないだろうか。腹筋ローラーは、ほとんどの筋肉を、鍛えていくことが出来る器具。

そのため、刺激する筋肉を知ることで、矛盾点が出てくると吾輩は思っているぞ。まずは、腹筋ローラーで刺激する、筋肉を知るところから始めていこうではないか。

腹筋ローラーで鍛えることが出来る筋肉とは?

腹筋ローラーは大まかにいうと「上体の筋肉」全体を刺激する器具になるぞ。その中でも、特に6つの筋肉をメインとして鍛えていくことが出来るぞ。

  • 三角筋(肩部の筋肉)
  • 腹直筋(腹部の筋肉)
  • 腹斜筋(腹部の筋肉)
  • 上腕三頭筋(腕部の筋肉)
  • 広背筋(背中の筋肉)
  • 脊柱起立筋(背中の筋肉)

“腹筋”ローラーと銘打っているが、他にも様々な筋肉を刺激することは、わかっただろうか。

ポイントワードは「超回復」だ!

ここで注目してほしいポイントが、「様々な筋肉を刺激すること」と言う点だ。筋トレを行っている者はもう知っているかもしれんが、実は筋肉ごとに発達する時間や回復する時間は違っている。

より筋肉を発達(筋肥大)させていくためには、筋トレによる筋肉の損傷や疲労を回復させる時間をしっかりとることが最も重要なポイントだ。これを「超回復」と言うぞ。

効率よく筋肥大を狙っていきたいのなら毎日行わない方がいい?その答えは・・・

つまり、腹筋ローラーだけではなくすべての筋肉を鍛える上で「毎日行う」ことは、ボディビルダーのように、筋トレを生業とする者以外は毎日トレーニングしなくてもいいのだ!

先にも軽く触れたが、超回復を行う時間は筋肉ごとに違っている。そのため、毎日同じ筋肉を鍛えてしまうと筋肉の回復が追い付かず、筋トレの効果はマイナスに振りきってしまうぞ。

筋肉痛が来たら、筋トレをストップし、筋肉を回復させていくことが筋肥大の近道だ!

腹筋ローラーを使う時にオススメなトレーニングの頻度を考えていこう!

諸君の疑問を解決したところで、諸君の新たな疑問、

「効果的な頻度はどれくらいか」

について考えていこう。
腹筋ローラーだけではなく、すべての筋肉を効率的に鍛えていくためにも、ここは重要なポイントとなるぞ。

しっかり覚えてトレーニングに活かしていってくれ。

筋肉の回復時間を知っておくことが重要だ!

効率よく筋肉を発達させていくためには、やはり「超回復」は見落とすことが出来ないポイントの1つになるぞ。

そこで、主要となる筋肉の回復期間を知るところから始めると、トレーニングメニューを組みやすいぞ。

ちなみに、腹筋ローラーで鍛えることが出来る筋肉は太字で表示していくので、頭の片隅に入れておいてくれ!

回復期間

筋肉の部位

96時間(4日間)

脊柱起立筋(背中)

・大腿(太もも)

72時間(3日間)

・大胸筋(胸)

広背筋(背中)

48時間(2日間)

三角筋(肩)

・僧帽筋(背中・首)

上腕三頭筋(腕)

・上腕二頭筋(腕)

24時間(1日間)

・前腕(腕)

腹筋(腹)

・カーフ(脚)

こうしてみると、ばらつきがあることがわかるな。だからと言って、腹筋ローラーを使ったら、休養期間を4日に設定しても効率が悪いぞ。

あくまでも今紹介した回復期間は目安だ。己の肉体が筋肉痛と言う悲鳴を上げたタイミングで、休養をとるようにしても大丈夫だぞ。

毎日やるというよりも、しっかりと追い込みをかけていくことが重要だ!

筋トレは、諸君にとって決して楽なものではない。
己の意思を高く持つことも重要だが、いつかは投げ出したくなる時もあるだろう。そのため、筋トレを継続させることは重要なポイントの1つだ。

しかし、継続させるために負荷を軽くしてしまっては、理想の体型に作り上げていくまでに時間がかかってしまう・・・

つまり、回数や日数にとらわれるのではなく、「質」にもこだわることで筋トレの効果を発揮することが出来るぞ!

基本的には2~3日おきにトレーニングすると効率的だぞ!

そこで吾輩がオススメするのは、腹筋ローラーは2~3日おきで行い、空いた日を別な筋肉を鍛えていく方法だ!

腹筋ローラーでなかなか鍛えることが出来ない筋肉を刺激することで、諸君の魅力をさらに引き出すことに繋がっていくぞ。

腹筋ローラーを使って鍛えていく君に必要なのは、効率的なトレーニングメニューだ!

合わせて損はない!腹筋ローラーを効率的に活用していく方法を紹介しよう!

さて、腹筋ローラーの効率的な使用頻度を知ってきた君たちは、どのようにほかの筋肉を刺激していく必要か知っていくことで、腹筋ローラーの良さを生かしつつ鍛えていくことが可能になるぞ。

腹筋ローラーでどこを鍛えることが出来ないかを知っておこう

ここで、腹筋ローラーが鍛えることが出来る部位をもう一度思い出してみよう。

  • 三角筋(肩部の筋肉)
  • 腹直筋(腹部の筋肉)
  • 腹斜筋(腹部の筋肉)
  • 上腕三頭筋(腕部の筋肉)
  • 広背筋(背中の筋肉)
  • 脊柱起立筋(背中の筋肉)

この6つだったよな。
つまり、これらの筋肉以外の筋肉を刺激するトレーニングを取り入れることで、全身しっかり鍛えていくことができ、魅力のある肉体に近づくことが出来る。

そこで、よく見てほしい。6つの筋肉でどこの部位・筋肉が欠けているかね?

超回復の表を見直してみるとすぐにわかるのだが、大胸筋や下半身の筋肉をメインとして鍛える種目を取り入れていくことで、諸君の体全体を鍛えていくことが出来るのだ!

重点的に鍛えていく場所を押さえたら必然とやるべきトレーニングが見つかってくる!

つまり、簡単なトレーニングだと「腕立て伏せ」や「スクワット」を取り入れることで、諸君の全身をまんべんなく鍛えていくことが出来るぞ。

腕の筋肉は意外にも使われることが多い場所の為、腕立て伏せで追い込みをかけていくことで、しっかり疲労させていくことが出来るぞ。

また、基本的な腹筋ローラーのやりかたでは、腹斜筋の強度は少なくなってしまう。そのため、腹斜筋のトレーニングを一緒にやることで、更に魅力的なポイントとなる「くびれ」を作り上げていくことが出来るぞ!

興味が湧いたら、下の記事を参考にしてみてくれ。

諸君にオススメな腹筋ローラーを活用したメニューとは!これでトレーニングを効果的に

まとめ

いかがだったろうか。
腹筋ローラーは諸君も気軽に手にすることができ、その上かなりの負荷をかけていくことが出来る、優秀なトレーニング器具となる。

だからこそ、正しい頻度でトレーニングしていくことで、諸君の筋肉に更なる刺激を与えていくことが出来るのだ!

今回紹介したポイントをまとめると、

  • 腹筋ローラーの頻度は2~3日が望ましい
  • ただし筋肉痛が来たら、回復に専念すること
  • 腕立て伏せやスクワットを併せて行い、全身の筋肉に刺激を与えること
  • 腹斜筋は刺激が少ないので、トレーニングを増やすこと

この4つだ。
君たちの肉体がより魅力的となり、周囲を感嘆とさせる体型を作り上げていってくれ!

筋肉に栄養を与えるならサプリがオススメだ!

 

筋肉に栄養を与えるならサプリがオススメだ!

 

諸君の生活を維持するために栄養を欲するように、筋肉にも栄養を与えていくことで、成長を促していくことが必要だ。

吾輩はこのサプリを使って、筋肉に栄養を与えているぞ。試しに使ってみないかね?

>>オススメのサプリはここから見ていこう<<

-腹筋ローラー

Copyright© 【マネ筋】あなたの筋トレをマネジメントするサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.