君の筋トレは正しく行われているかい?このサイトはあなたの筋トレをサポートするサイトです。これを見れば正しく筋トレを行える!

【マネ筋】あなたの筋トレをマネジメントするサイト

脚部

ふくらはぎの筋トレを忘れるな!腓腹筋をしっかり鍛えていくコツとは

投稿日:

諸君、吾輩だ!筋トレの世界にようこそ!
吾輩は歓迎するぞ。魅力的な肉体、豊富な筋肉量、見た目をさらに良くし、周囲を魅了していく肉体を作り上げていくためにも、筋トレは唯一無二の方法だ。

その中でも、脚の筋肉の中でも鍛えられることが無い場所。だが、重要な筋肉が豊富に存在しているのもまた、脚の筋肉なのだ。上半身よりも重要な脚のトレーニングを忘れてはいけないぞ。

今回は、そんな脚の中でもふくらはぎの筋肉『腓腹筋』のトレーニング方法を伝授していこうではないか。腓腹筋は、魅力的な場所。吾輩の話をしっかり覚えて、トレーニングに励んでいこうではないか。

腓腹筋ってどんな筋肉?腓腹筋について知っていこう!

まずは腓腹筋について知っていこう。
筋トレにおいて、鍛えていきたい筋肉を意識していくことは重要なポイントの一つになるぞ。意識していくためにも、筋肉知識は必要不可欠だ。ここでしっかりおさらいしていこうではないか。

腓腹筋とは?

腓腹筋は、先にも説明したがふくらはぎの筋肉の一つだ。いわゆるふくらはぎと呼ばれる場所には、腓腹筋のほかにヒラメ筋と言う筋肉の2つで構成され、『下腿三頭筋』と言われることが多いぞ。

下腿三頭筋の中でも表層に位置している筋肉で、諸君が見るときに盛り上がりが一番わかりやすいのがこの腓腹筋になるぞ。この筋肉は二つの起点があり、外側に位置する“外側頭”と内側に位置する“内側頭”に分けることができるぞ。

腓腹筋は膝関節の上、大腿骨の膝寄りから始まり、かかとの骨で停止しているため、膝関節と足関節をまたぐ『二関節筋』になるのだ。覚えておこう!

腓腹筋が動く動作とは

腓腹筋は、足関節の底屈(足首を下に曲げる)動作に加え、膝を曲げる動作にも大きく関わっているのが特徴になるぞ。

腓腹筋の筋トレ効果を知っていこう!

腓腹筋は鍛えていくことで、筋肉の凹凸がはっきりし、諸君の脚をさらに魅力的にしていくことができるぞ。また、腓腹筋が存在する場所は、ふくらはぎ。つまり、第二の心臓とも呼ばれるほど血液の循環に大きく貢献している場所。

腓腹筋を鍛えていくことで、諸君の見た目に大きく貢献するだけではなく、君たちの健康にも繋がっていくのだ!

腓腹筋の重要情報を押さえておけ!

腓腹筋は主に力強く地面を蹴ったり、ジャンプしたりと「瞬発力が必要な動き」に大きく貢献している筋肉になる。そのため、日常的な動作では使われることが無いが、スポーツにおいては貢献度が高い筋肉になるぞ。

また、腓腹筋は筋肉の中でも“速筋”の割合が多い筋肉の一つ。これにより、鍛えていくことで発達していく筋肉になるのだ。

ストレッチをしっかり行い筋トレに備えていこう!

腓腹筋は、先にも説明したが普段の生活でも使うことが無く、速筋の割合が多い筋肉になっている。速筋繊維は日常の生活では頻繁に使われる動作ではないため、普段から練習していないと、驚くような高負荷がかかってしまうことがあるぞ。

ストレッチの重要性を押さえておこう!

そのため、腓腹筋は非常に疲れやすく、放置していると足がつる原因や、肉離れの原因にもなってしまう。そうならないためにも、ストレッチは毎日行っていくようにしよう。

腓腹筋をストレッチする時のポイントとは

腓腹筋は、膝関節と足関節にかけて広がっている二関節筋だよな。そのため、ストレッチを行っていく時には、2つのポイントをしっかりおさえて行っていく必要があるのだ!

  • 膝関節を伸展しておく(伸ばしておく)
  • その上で、足関節を背屈させていく(つま先を上方に反らす動き)

つまり、膝関節が曲げて椅子に座った状態でつま先を上方に反らしても、ヒラメ筋にしか効果が無いぞ。腓腹筋をストレッチしていくためには、上の2つのポイントに気を付けていってくれ!

腓腹筋を2つに分けろ!内側と外側それぞれに効かせていく方法を知ろう!

二つの起点があり、外側に位置する“外側頭”と内側に位置する“内側頭”に分けることができる腓腹筋。実は腓腹筋外側頭と内側頭の両方に、それぞれ刺激を強めていくことが出来るぞ。

筋肉のバランスを整えるのも、魅力のある肉体を作り上げるために必要なことだ。しっかり覚えてトレーニングしていくようにしよう!

腓腹筋の内側と外側に分けるために必要なポイントとは

ズバリ“つま先の角度”だ!
つま先を前方へまっすぐ、または自然な形で外を向けておくことで、腓腹筋の内側・外側関係なくバランスよく鍛えていくことが出来る。

その他にもつま先を内側・外側に変えていくことで、腓腹筋の内外にそれぞれ鍛えていくことが出来るぞ。

腓腹筋の内側に効かせていくカーフレイズとは

腓腹筋の内側は、つま先を外側に向けていくことで、刺激を高めてトレーニングしていくことが出来るぞ。また、O脚の矯正にも効果が高いので、自分の足が歪んでいると感じているなら、このトレーニングを行なっていこう。

腓腹筋の外側に効かせていくカーフレイズとは

逆に腓腹筋の外側に効かせていく場合は、つま先を内側に向けていくことで、刺激を高めてトレーニングしていくことが出来るのだ。内側に向けてトレーニングすることで、バランスを整えていくことが可能だぞ。

意味のあるトレーニングを!しっかり鍛えていくためにも押さえるポイントとは

筋トレを効率的に行っていくことは、最短で筋肉の発達を狙っていくことが出来るのだ。そのためにも、押さえておいてほしいポイントが3つあるぞ。このポイントをしっかりおさえて、実のあるトレーニングを行なっていこうではないか!

トレーニングの最初に行っていくようにしよう!

ふくらはぎは諸君の末端にあるため、なかなか鍛えられることが無い場所になっている。行ったとしても、メニューの最後の方に行ってしまう者が多いはず。

しかし、重点的に鍛えていきたい筋肉は充分に体力があり、疲れていない状態で行っていくことで、高負荷で効率的なトレーニングを行なっていくことが重要だ。腓腹筋のトレーニングも例外では無い。

腓腹筋に特化したトレーニングを行なっていくためにも、ふくらはぎのトレーニングは最初の方に行っていくことをオススメするぞ。

絶対に立って行っていくようにしよう

実は、腓腹筋とヒラメ筋の2つは、作用する姿勢が違っているのだ。腓腹筋は膝関節から足関節をまたぎ存在している二関節筋になるな。そのため、膝を曲げることで短く緩んでしまい、ヒラメ筋に負荷が集中してしまうぞ。

そのため腓腹筋を鍛えていく時は膝を伸ばした状態、つまり立った状態でのトレーニングを行なっていこう。わかったかね?

ヒラメ筋のトレーニングを忘れないようにしよう!

ふくらはぎは、腓腹筋のほかにもヒラメ筋があることは、もうわかったよな。ただ腓腹筋のトレーニングをがむしゃらに行ったところで、ふくらはぎの魅力を引き出すことが出来ないのだ。

ふくらはぎを魅力的な部位にしていくためにも、ヒラメ筋のトレーニングも忘れないようにしてくれ!吾輩との約束だぞ。

ふくらはぎにあるヒラメ筋ってどんな筋肉?筋トレをする時に必要なコツとは?

まとめ

ふくらはぎ、下腿三頭筋の一つである“腓腹筋”。
鍛え上げられたこの筋肉は、諸君のふくらはぎを魅力的な美脚を作り上げていくためにも、今回紹介したトレーニングをしっかり覚えていってくれ!

諸君のふくらはぎを磨き上げて、周囲を魅了していくスタイルを作り上げていくためにも、筋トレに励んでいこうではないか。

君たちの筋トレは今、始まったばかりだ!諸君の成長を祈っているぞ!頑張ってくれ!

筋肉に栄養を与えるならサプリがオススメだ!

 

筋肉に栄養を与えるならサプリがオススメだ!

 

諸君の生活を維持するために栄養を欲するように、筋肉にも栄養を与えていくことで、成長を促していくことが必要だ。

吾輩はこのサプリを使って、筋肉に栄養を与えているぞ。試しに使ってみないかね?

>>オススメのサプリはここから見ていこう<<

-脚部

Copyright© 【マネ筋】あなたの筋トレをマネジメントするサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.