君の筋トレは正しく行われているかい?このサイトはあなたの筋トレをサポートするサイトです。これを見れば正しく筋トレを行える!

【マネ筋】あなたの筋トレをマネジメントするサイト

ジム派の諸君!上腕三頭筋の筋トレはジムで徹底的に追い込みをかけていこう!

投稿日:2017年4月4日 更新日:

諸君、吾輩だ!
筋トレの楽園、ジムにようこそ!諸君は、筋肉に強い刺激を与えていくことを目的として、この地に足を運んでくれていることだろう。その意気やよし!早速トレーニングに入ろう・・・といいたいところだが、その前に吾輩の話に耳を傾けていかないかね?

トレーニングを行なう上で、鍛えていきたい場所を意識するしないで、効率が段違いだ。しっかり鍛えていくためにも、筋肉の知識を蓄えて、トレーニング方法を知っていく必要があるよな。

今回は、腕の筋肉の一つである「上腕三頭筋」にスポットライトをあてて、ジムでのトレーニング方法を伝授していこう。しっかり覚えて、鍛え上げていこうではないか!

上腕三頭筋を知っておこう

さあ、筋トレに入る前に筋肉知識を蓄えていこうではないか。先にも説明したが、上腕三頭筋を鍛えていくためにも、きちんと勉強して意識させていこうではないか。

上腕三頭筋の構造とは

上腕三頭筋は、上腕の中で6割を占めるほど大きな筋肉になる。そんな上腕三頭筋の場所は、上腕の裏にある筋肉になる。ピンと来たかね?そうだ、上腕三頭筋は別名「二の腕」とも呼ばれることが多い筋肉になるのだ。

二の腕がタプンタプンになっているなら、上腕三頭筋を鍛えていく必要があるからな。覚えておいてくれ!

3つに分けていくことが出来る?

上腕三頭筋は、内側にある「長頭」と外側にある「内側頭・外側頭」に分けることが出来る。特に内側頭と外側頭は、合わせて「短頭」とも呼ばれるぞ。

上腕三頭筋の動きを知ろう

上腕三頭筋が動作するときに、君たちが行っている運動を簡単に説明すると、「肘を伸ばす」動きに大きく貢献しているのだ。また諸君が日常的に行う動作に当てはめると「物を押す」動きを行うときに、上腕三頭筋が動作しているときが多いぞ。

筋トレを行うときに、これらの動きを取り入れていくことで、上腕三頭筋に刺激を与えていくことが出来るのだ!

上腕三頭筋はジムでトレーニングをする必要がある?

全ての筋トレは、自宅でのトレーニングが可能だが、筋肉の中には自宅ではトレーニングしづらいトレーニングが存在する特に、腕の筋肉は日常的に使うことが多い。そのため、上腕三頭筋はジムに足を運びトレーニングしていくことをオススメするぞ!

上腕三頭筋は日常的に使われることが少ない場所?

実は、上腕三頭筋は日常的に使われることが少ない場所になる。そもそも、諸君が生活する中で、「物を押す」動きを行う時があるか考えてみてくれ。あまりないだろう。

しかし、上腕三頭筋は、上腕二頭筋の拮抗筋ともいわれる場所。同時に鍛えていくことで、バランスの良い腕を作り上げていくことが出来るぞ。

ジムでのトレーニング器具を知っておこう!

さて、ジムに足を運んだ諸君。
楽園に一歩足を踏み出すとそこには、様々な器具がおいてあり、どこから手を付けていったら良いかわからないはずだ。

そんな悩みを解消するために、上腕三頭筋を鍛える上での、それぞれのメリットとデメリットを見ていこう。早速下の表を見ていってくれ。

トレーニング器具

メリット

デメリット

ダンベル

・左右のバランスを整える

・豊富なトレーニングが可能

・最大伸縮でのトレーニングができる

・単関節種目が多い

・覚えるフォームが多い

・片手で扱う重量でのトレーニングになる

 

バーベル

・最大負荷で鍛えていくことが出来る

・フォームが簡単

・複合関節種目が多い

・種類が少ない

・重量の切り替えが面倒

・最大伸縮は難しい

マシン

・フォームが覚えやすい

・負荷調節が簡単

・種類が少ない

・フォームに応用を利かせ難い

それぞれのメリットやデメリットを詳しく説明していこう。

ダンベルのメリットとは

ダンベルトレーニングの特徴はなんといっても、豊富なバリエーションと最大伸縮を感じることが出来るところだろう。基本フォームをしっかり覚えて応用していくことで、それは可能になる。

また、腕の筋肉はどうしても利き腕に多くついてしまうものだ。美しい肉体は、左右対称に盛り上がってこそ魅力が生まれてくるぞ。

バーベルのメリットとは

バーベルトレーニング最大の特徴。それは、自分に合った最重量でのトレーニングが可能になってくるということだ。そのトレーニングのフォームも比較的簡単にできるものが多いため、オススメできるぞ。

マシンのメリットとは

マシンはジムにしかないものだ。諸君の中にプライベートジムがある者は少数派だよな。損なジムマシンのメリットは負荷調節が簡単で、かつフォームが覚えやすいということだ。

これから紹介するジムマシンのトレーニング種類を見かけたら、ぜひ行っていこうではないか。

それぞれで出来るトレーニングを知れ!

筋トレの楽園、ジム。ここで出来るトレーニングは全て刺激的で、上腕三頭筋に高い負荷を与えていくことが出来るのだ!それぞれの器具で、行うことが出来るトレーニングの種類を見ていこう。下の表を見ていってくれ。

器具

トレーニング名

ダンベル

・ダンベルフレンチプレス

・ダンベルスタンディングベントオーバートライセプスキックバック

・ダンベルトライセプスキックバック

・ダンベルライイングトライセプスエクステンション

・ダンベルテイトプレス

・ダンベルトライセプスエクステンション

・ワンアームトライセプスエクステンション

・斜めワンアームトライセプスエクステンション

・クローズグリップダンベルプレス

・クロスボディワンアームエクステンション

・プルオーバー

バーベル

・バーベルライイングトライセプスエクステンション

・クローズグリップベンチプレス

・バーベルフレンチプレス

マシン

・ケーブルマシン

・ディップスマシン

ダンベルは豊富なメニューで

ダンベルで行う種類の中に「ワンアーム」という言葉がついているトレーニングを見つけたかね?これらのトレーニングはその名の通り、片手で行うことが出来るトレーニングになるぞ。

また、トレーニングのほとんどが、単関節種目(アイソレーション種目)になる。つまり、ピンポイントにターゲットを絞って、トレーニングしていくことが可能になるのだ!

バーベルは最高重量のトレーニングだ!

バーベルトレーニングの中には、「EZバー」と呼ばれる『W』型のトレーニング器具を使うことで、刺激を変えてトレーニングしていくことが出来るぞ。ジムにあったらぜひ試してみてくれ!

また、バーベルトレーニングは複合関節種目(コンパウンド種目)のトレーニングが多い。複数の筋肉に刺激を与えていくことが出来るので、ダンベルトレーニングを行なう前に行っていくといいぞ。

マシンは追い込みをかけていくことが出来るぞ!

実は、上腕三頭筋を鍛えていくトレーニングマシンは2つしかない。しかし、侮るなかれ。ケーブルマシンは、トレーニングの方法に応用を利かせていくことが出来る唯一のマシンになるぞ。

また、ディップスマシンは上腕三頭筋だけではなく、大胸筋下部も同時に刺激していくことが出来る。ディップスは上半身のスクワットとも呼ばれるトレーニング。試してみて損はないからな。ぜひ取り入れていこうではないか。

まとめ

筋肉の楽園、ジム。
高負荷でのトレーニングをしっかり行うことができ、高重量のトレーニングはかなりの刺激を筋肉に与えてくれるのだ。自宅派の諸君も、是非ジムに足を運んで鍛えていこうではないか。

そんな鍛えていく筋肉の中でも、女性を魅了し続ける「腕」。たくましい腕は女性を魅了すること間違いなしだ!しっかり鍛えて、魅力のある魔性の腕を作り上げていきたくはないかね?

ジムは、訪れる諸君を拒むことはない。是非一度、ジムに足を向けてみてはどうだろうか。

筋肉に栄養を与えるならサプリがオススメだ!

 

筋肉に栄養を与えるならサプリがオススメだ!

 

諸君の生活を維持するために栄養を欲するように、筋肉にも栄養を与えていくことで、成長を促していくことが必要だ。

吾輩はこのサプリを使って、筋肉に栄養を与えているぞ。試しに使ってみないかね?

>>オススメのサプリはここから見ていこう<<

-

Copyright© 【マネ筋】あなたの筋トレをマネジメントするサイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.