君の筋トレは正しく行われているかい?このサイトはあなたの筋トレをサポートするサイトです。これを見れば正しく筋トレを行える!

【マネ筋】あなたの筋トレをマネジメントするサイト

チューブは万能!腕の筋トレでも有効な理由とトレーニング方法とは!

投稿日:2017年3月28日 更新日:

諸君、吾輩だ!
君たちは自分の体型に満足しているかね?女性にモテず、だらしない体になっていないだろうか。その不満、筋トレで解決していかないかね。

モテる肉体というのは、当然筋肉がついていて、女性を魅了するセクシーな肉体だ。この肉体に近づくなら、筋トレが唯一の方法だぞ。その中でも、特に女性が好きな筋肉「腕」。太い腕は男性らしさを強調し、女性に安心感を持たせてくれる。是非鍛えていこうではないか。

今回は、そんな腕の筋肉をチューブで鍛えていく方法を伝授していこう。諸君!自宅で筋トレを考えているなら、ダンベルよりもチューブの購入は必須だぞ!しっかり見ていってくれ!

チューブの特徴と腕の筋肉について知っていこう!

筋トレに入る前に、そもそもなぜ吾輩がチューブをオススメするのか。その理由を説明するためにも、チューブの特徴と、腕の筋肉について説明しよう。筋トレをしっかり行っていくためにも、まずはここから知っていこうではないか。

チューブの特徴とは

諸君が考えるチューブの特徴とは何かね?最初に浮かび上がってくるのが、「安価で購入できる」ということではないだろうか。チューブを通販で見てみると、比較的安価で購入することが出来ることがわかるはずだ。

しかし、そのほかにもチューブをオススメする理由がある。特にトレーニングの効果について見てみよう。

負荷が逃げない

初心者諸君にありがちな、動きに反動をつけてしまう(チーティング)を行うこと。これは筋トレにおいては負荷が逃げてしまうため、あまりよくない。

しかし、チューブトレーニングはダンベルトレーニングのように重量を負荷としないため、負荷が逃げることがない。まさに、初心者から取り掛かれるトレーニング器具なのだ。

可動域に対応したトレーニングができる

筋トレの動作において、負荷をかける動きは変化するものだ。チューブはこの動きに合わせて行っていくことが出来る。その上、自分に合った動きをすることが出来るので、常に強い負荷をかけていくことが出来るのだ!

強度調節が簡単に出来る

ダンベルやバーベルを見てみると、重量の変更はかなり面倒くさいものになるよな。しかし、チューブは持ち幅の変更や、チューブを増やすだけで、負荷を簡単に変更できる。そのため、女性にもオススメなトレーニング器具になるぞ!

腕の筋肉とは?

筋トレの極意、それは「鍛えたい筋肉を意識すること」だ!そのためにも、筋肉の場所と動きを知っておく必要があるぞ。下の表を見て腕の筋肉について知っておこう!

筋肉

場所

動き

上腕三頭筋

上腕の裏(いわゆる二の腕)

物を押す動き

上腕二頭筋

上腕の表(いわゆる力こぶ)

物を引っ張る動き

上腕筋

上腕二頭筋の下

物を引っ張る動き(上腕二頭筋よりも貢献度が高い)

トレーニングに入る前に見ていってくれ!

これから、それぞれの筋肉に効果的なトレーニングを紹介していくのだが、吾輩のオススメも存在する。わかりやすく『☆』の数で表示していくので、下の掲示板を見て参考にしていってくれ!

【吾輩のオススメ度掲示板】

【☆☆☆】・・吾輩一押しのトレーニングだ!動きも簡単だぞ!
【☆☆】・・・動きを少し応用したトレーニングだぞ!フォームを覚えたら行っていこう
【☆】・・・・トレーニングにコツが必要な方法だ!トレーニングに慣れたら行っていこう

上腕三頭筋に刺激を与えるチューブトレーニングとは

タプタプ二の腕からおさらばしていきたい諸君。君たちに必要なのは、この上腕三頭筋のトレーニングだぞ!トレーニング方法をしっかりおさえていこう!

【☆☆☆】チューブフレンチプレス

一番簡単に、上腕三頭筋を鍛えていくチューブトレーニングになるぞ!まずはここからトレーニングしていこうではないか!

やりかた

腕 筋トレ チューブ フレンチプレス

  1. チューブの中心を足で踏み、両端を片手でつかむ
  2. 頭の真後ろに手を持っていき、準備完了だ
  3. 肘を固定し、ゆっくりと上方向に腕を伸ばしていく
  4. 腕が完全に伸びたら、元の位置に戻していき、繰り返す

ポイント

  • 姿勢がぶれないようにしよう
  • 肘は固定することを忘れないでくれ
  • 手のひらを上にして頭から上の空気を押し込むようにして行おう

【☆☆】チューブトライセプスキックバック

このトレーニングは中腰になってトレーニングする方法だ。強い刺激を与えていくことが出来るので、是非試してみてくれ!

やりかた

腕 筋トレ チューブ トライセプスキックバック

  1. チューブの中心を足で踏み、膝を軽く曲げ中腰になり上体を倒す
  2. チューブの両端を片手で持ち、肘を直角に曲げた状態で、準備完了だ
  3. 肘を伸ばし、腕を真後ろに伸ばしていく
  4. 腕が完全に伸びたら、ゆっくりと元の状態に戻し、繰り返す

ポイント

  • 肘を伸ばすとき、少しだけかたも上方向に伸ばしていこう
  • 手の甲を体の方向に捻りながら腕を伸ばしていくと、刺激を強めることが出来るぞ
  • 背筋を伸ばすこと

【☆】チューブラットプレスダウン

ドアや懸垂バーなどにチューブを括り付けて行うトレーニングになるため、なかなかできないトレーニングになるが、刺激は強いぞ!トレーニングのバリエーションを増やすためにも覚えておいてくれ!

やりかた

腕 筋トレ チューブ ラットプルダウン

  1. ドアや懸垂バーにチューブを括り付け、肘を曲げた状態で両端をそれぞれ持つ
  2. 肘を伸ばし、チューブを下に伸ばす
  3. ゆっくりと元の状態に戻し、繰り返す

ポイント

  • 肘を曲げている状態でも、負荷がかかる程度にチューブを持つようにしよう
  • 軽く上体を倒してトレーニングすること
  • 腰を丸めないように注意しよう
  • ドアでやる時は、座ってトレーニングするようにしよう

上腕二頭筋に刺激を与えるチューブトレーニングとは

男の象徴「力こぶ」を鍛え上げるには、上腕二頭筋のトレーニングが必須だ。吾輩が紹介するトレーニング方法をしっかりおさえて鍛えていこうではないか。

【☆☆☆】チューブアームカール

上腕二頭筋のトレーニングといったら、「アームカール」だ。定番トレーニングになるが、刺激は強いぞ!是非覚えていってくれ!

やりかた

腕 筋トレ チューブ アームカール

  1. チューブの中心を足で踏み、両端を片手で持つ
  2. 腕を「気を付け」のようにだらんと下げ、準備完了だ
  3. 手のひらを上にして、肘を固定しつつ曲げていき、チューブを引っ張る
  4. 元の体勢に戻し、繰り返し行う

ポイント

  • このトレーニングのポイントは「手のひらを上にすること」。注意してくれ!
  • 肘を曲げるときに、体がぶれないようにしていこう

【☆☆】チューブコンセントレーションカール

集中して上腕二頭筋の短頭を鍛えていく方法だ。実は、上腕二頭筋は長頭と短頭に分けて、鍛えていくことが出来る。2つに分けてトレーニングするならオススメだぞ。

やりかた

腕 筋トレ チューブ コンセントレーションカール

  1. ベンチに座り、チューブを片足で踏み固定する
  2. 踏んだ足側の手でチューブを掴む
  3. 肘を、膝の内側に固定しながら、肘を曲げチューブを引っ張っていく
  4. 肘を伸ばして腕を降ろし、元の状態に戻し繰り返す

ポイント

  • 腕を降ろした状態でも負荷がかかるようにチューブを持とう
  • 肘は動かさないようにすること
  • 手のひらは上に向くようにして引っ張るようにしよう

上腕筋に刺激を与えるチューブトレーニングとは

上腕筋をピンポイントに鍛えていく方法は、実は一つしかない。しかも上腕二頭筋のトレーニングを応用して行っていくので、まずは上腕二頭筋のトレーニングを覚えてからとレーニンすしていこうではないか!

【☆☆】チューブハンマーカール

このトレーニングと、チューブアームカールの違いはズバリ、「手のひら」だ。ここに注目しつつトレーニングしていくようにしよう!

やりかた

腕 筋トレ チューブ ハンマーカール

  1. チューブの中心を足で踏み、両端を片手で持つ
  2. 腕を「気を付け」のようにだらんと下げて、準備完了だ。
  3. 手のひらが体のほうを向きながら、肘を固定しつつ曲げていき、チューブを引っ張る
  4. 元の体勢に戻し、繰り返し行う

ポイント

  • 最大のポイントは手のひらが体のほうを向いていることだぞ!忘れないようにしよう
  • 肘を曲げるときに、最初の体勢が崩れないようにすること

まとめ

諸君、自宅でもジムでも出来るチューブトレーニングで、腕を鍛えていく方法を紹介してきたがどうだろうか。諸君に合ったトレーニングが見つかったなら幸いだ。是非トレーニングメニューに加えていってくれ!

腕は、女性が好きな筋肉ランキングNo.1に輝いている場所。女性を魅了する太くたくましい腕を手に入れていくためにも、チューブを使ってしっかりと鍛えていこうではないか!

モテる肉体になることを祈っているぞ!では、さらばだ!

筋肉に栄養を与えるならサプリがオススメだ!

 

筋肉に栄養を与えるならサプリがオススメだ!

 

諸君の生活を維持するために栄養を欲するように、筋肉にも栄養を与えていくことで、成長を促していくことが必要だ。

吾輩はこのサプリを使って、筋肉に栄養を与えているぞ。試しに使ってみないかね?

>>オススメのサプリはここから見ていこう<<

-

Copyright© 【マネ筋】あなたの筋トレをマネジメントするサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.